<東京@グルメ>中野「カフェ・ドゥ・スゥヴニール」の「ケアブレンド」

ディープな中野新仲見世商店街の定食屋さんでランチを済ませ、喫茶店にでも行こうと再び街をぶらぶらする。

特に当てはなく、知っている店もない。

なかなか気に入ったお店が見つからず、諦めてクリニックに戻ろうとして歩いていると、一軒の喫茶店が路地裏にあった。

「珈琲の店 カフェ・ドゥ・スゥヴニール」。

路地裏の2階、メニューもないのでおそるおそる階段を上ってみます。

入り口の窓越しに中が見える。

かなり、渋そうだ。

入り口の前には、メニューも置かれている。

シンプルなメニュー構成。入ってみることにした。

店内は照明を抑え、落ち着いた雰囲気。

太い丸太の柱や梁が重厚感を演出している。

程度にお客さんがいるが、長居も許してくれそうだ。

入り口の反対側には、木製のテーブル席が並んでいたが、喫煙者がいたのでカウンター側に座った。

この店は、分煙を標榜しているが、基本的に喫煙のお店だと覚悟しよう。

店の一番奥に半個室のようなテーブルが一つあることに後で気づいた。

ここなら一段と落ち着けるスペースです。

妻が注文したのは、「ラベブランド」(500円)。

意味はよくわからないが、苦味控えめのブレンドらしい。

そして私が注文したのは「ケアブレンド」(500円)。

こちらは苦味が強めなブレンドということになる。

たっぷりのお砂糖とミルクを入れて、いただく。

これが予想以上に私好みのコーヒーだった。

美味しい。

こんな昔の喫茶店、オーナーはやはり団塊の世代に見える。

後何年続けられるのだろうか?

店には、ライオネル・リッチーのCDが流れていた。

食べログ評価3.33、私の評価は3.40。

広告

コメントを残す